Google
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(ノ⌒∇)ノ*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜:
水上勉氏の小説「櫻守」のなかで、桜の大家が語る。「ええ、桜ほど、肌に傷がついてますわ。キズで寿命をちぢめるのも木なら、キズで、大きく育つのも木のおもしろさです」受けた”キズ”が木のもつ本来の生命力を、たくましくさせるというのだ。人生も同じであろう。困難があったからこそ大成できた、という人は多い。人生の勝因は、艱難がないことではなく、悲哀を制する戦いがあったかどうかであろう。桜は花を散らすと、ほどなく、来年の開花の準備を始める。そして、厳冬を耐え抜いた春に、これまでの努力を爛漫と咲かせる。

スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://hazedonyo.blog71.fc2.com/tb.php/83-e9db59ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メルマガ登録・解除
  ID:01536
夢のなる樹
   
無料メルマガ インフォマグ
検索エンジン登録
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。